tex

tex で絶対値記号やノルムの縦棒を長くする方法

投稿日:2020年12月25日 更新日:

ノルムの絶対値記号を単純に入力しただけでは短くて困ることがあるので、長くしたいときがある。

\amsmath パッケージで、 \lVert や \rVert, \lvert や \rvert  を使う。

以下のコマンドでは、ノルム(\norm)と絶対値(\abs)のコマンドを自分で定義して使用している。

\usepackage{amsmath}

\newcommand{\norm}[1]{\left\lVert#1\right\rVert}
\newcommand{\abs}[1]{\left\lvert#1\right\rvert}

\begin{document}

\begin{equation}
    \norm{\sum_{k=1}^{n} a_k }
\end{equation}

\begin{equation}
    \abs{\sum_{k=1}^{n} a_k }
\end{equation}

\end{document}

結果

-tex
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

tex で入力した文字をそのまま表示する

tex で、入力された文字を「そのまま表示」するにはtex ソースの最初に\usepackage{verbatim}と書いておいてから、\verb| | コマンドを使う。 例 \usepackage{ …

no image

tex の equation 環境で複数行の数式を入力する(\split を使う)

\equation の中で \split を使う。 \tag を使って、自分で定義した式番号を使える。 例 \begin{equation} \begin{split} a \\ b \\ c \en …

no image

tex で上極限・下極限の記号を入力する

\amsmath パッケージを使い、\varlimsup, \varliminf を使う。 例 \usepackage{amsmath} \usepackage{amssymb} \begin{doc …

no image

tex で数式の場所を右揃え・左揃えにする

align 環境のもとで、& をつけると右揃えや左揃えにすることができる。改行には \\ 記号を使う。 例 \begin{align*} f(x) = x^2 + 2x + 1 &\\ …

no image

tex で二重線イコール付きの不等号を表示する方法

tex では、等号付きの不等号は $\le$, $\ge$ で入力できるが、不等号の下の等号を許す表示は一本線である。 もし二重線のイコール付きの不等号を表示したい場合には、\amssymb パッケー …