python3

python3 の辞書で、キー一覧を取り出して表示する方法

投稿日:2020年12月20日 更新日:

keys()メソッドでは、キー一覧を取得できる。

values() では、値を取得できる。

items() では、キーと値をタプルとして取得できる。

リストに変換すると、print() でコンソールに表示できる。

mydict = {'a':1,'b':2,'c':123}

print(list(mydict.keys()))
print(list(mydict.values()))
print(list(mydict.items()))

結果

['a', 'b', 'c']
[1, 2, 123]
[('a', 1), ('b', 2), ('c', 123)]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒子のバスケ カラー版 1【電子書籍】[ 藤巻忠俊 ]
価格:528円(税別、送料別)(2020/12/24時点)

楽天で購入

-python3
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

python3 で集合(set)の和集合を作る

集合にモノを付け足して和集合を作るには、|= 演算子を使う。(python では、集合(set)を波かっこで囲んで表す。) 例 a = {‘東京’} b = {‘大阪’,’千葉’} c = a | b …

no image

python のプロンプトについて

UNIX で python を起動する ターミナルで $ python インタープリターのプロンプトは >>> となっている。 インタープリタを終了させるときは、Ctrl + D を押す。

no image

matplotlib の ax でx軸、y軸の端の値を設定する

axes には、set_xlim として定義する。 例 import numpy as np from matplotlib import pyplot as plt x = np.linspace( …

no image

python3 で辞書からタプルを作成する

辞書に対して、items() メソッドを使うと、タプルを作成することができる。 例 cities = {‘東京’:1000,’大阪’:700, ‘広島’:100} for a,b in cities. …

no image

matplotlib で折れ線グラフの下部に色をつけて塗りつぶす方法

pyplot の fill_between を使う。 例 from matplotlib import pyplot as plt data_x = [25,26,27] data_y = & …