c言語

gdb とは:

投稿日:2022年1月2日 更新日:

gnup debugger の略。

linux で広く使われているデバッガ。

デバッガとは、プログラムのバグの原因を探るために使うプログラムのこと。

プログラムのバグを探すには、デバッガを使う方法よりもかんたんな printf デバッグがある。

デバッガを使うと、変数の値をプログラムの実行手順に沿って表示したりできるので、

printf デバッグよりも高度なデバッグができる。

-c言語
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

fputs を使って文字列を出力する方法

C言語で文字列を出力するときは、printf を使うことができる。 printf の代わりに fputs を使って文字列を出力することができる。 出力に変数をしなくてもよいときは、fputs のほうが …

no image

gcc の -O オプション

gcc を使ってコンパイルする際、コンパイルのコマンドに、「-O」(アルファベットのオー、ゼロではない)オプションをつける。 コンパイル結果のファイルを最適化(optimization)することができ …

no image

C言語で printf の行頭に戻る方法

\r を使うと、行の最初の文字に戻ることができる。 例 #include <stdio.h> int main() { printf(“あいうえお”); printf(“\rかきくけこ\n”); …

no image

C言語で関数のアドレスを表示する方法

以下では、main 関数のアドレスを取得して表示する。 例 #include <stdio.h> int main() { printf(“main 関数のアドレスは %p\n”, main); …

no image

C言語で printf 出力を左詰めにする方法

% のときに、マイナスを前に付けると、 出力結果を左詰めにすることができる。 例 #include <stdio.h> int main () { int i; for(i=1;i<100 …