matplotlib python3

matplotlib でグラフ表示ウィンドウの画面上の位置を自由に設定する方法

投稿日:

matplotlib.use('TkAgg')

としておき、

get_current_fig_manager().window.wm_geometry("+20+50")

として、(+20+50)のところにウィンドウを表示することができる。

import numpy as np
from matplotlib import pyplot as plt
import matplotlib
matplotlib.use('TkAgg')

x = [1,2,3,5]
y = [3,7,9,1]
size = 100

fig, ax = plt.subplots()
plt.get_current_fig_manager().window.wm_geometry("+20+50")

ax.scatter(x,y,size,'blue')

plt.show()

結果

-matplotlib, python3
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

matplotlib で、凡例を表示する方法

データに label を関連付け、plt.legend() で凡例を表示する。 例 from matplotlib import pyplot as plt data_x = [25,26,2 …

no image

python3 で、フォルダがなければ作成するプログラム

os.mkdir() 関数を使う。 すでにフォルダが存在している場合は、エラーを表示する。 例 import os folder_name = ‘./python_create_folder’ try …

no image

matplotlib で2種類のcsvファイルをプロットする方法

data1.csv と、data2.csv の2つのファイルを散布図としてプロットするには次のようにする。 例 import numpy as np from matplotlib import py …

no image

matplotlib で、縦横の線(グリッド)を描く方法

pyplot grid で縦横線(罫線のようなもの)を引くことができる。 例 from matplotlib import pyplot as plt data_x = [25,26,27] …

no image

python3 でリストを結合する方法

2つのリストを結合して、「リストのリストを作りたい場合」と、「1つの長いリストを作りたい」場合がある。 それぞれ、次のようにする。 例 # リスト2つを用意 l_1 = [1,2,3] l_2 …