matplotlib python3

matplotlib でグラフ表示ウィンドウの画面上の位置を自由に設定する方法

投稿日:

matplotlib.use('TkAgg')

としておき、

get_current_fig_manager().window.wm_geometry("+20+50")

として、(+20+50)のところにウィンドウを表示することができる。

import numpy as np
from matplotlib import pyplot as plt
import matplotlib
matplotlib.use('TkAgg')

x = [1,2,3,5]
y = [3,7,9,1]
size = 100

fig, ax = plt.subplots()
plt.get_current_fig_manager().window.wm_geometry("+20+50")

ax.scatter(x,y,size,'blue')

plt.show()

結果

-matplotlib, python3
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

matplotlib のプロットスクリプト内で計算する方法

gnuplot の場合 gnuplot では、plot “data.txt” u 1:($2*2)などと書くと、 数値を加工(データ値を使った計算)を行った結果をグラフ化するこ …

no image

matplotlib で、グラフの点の見た目を変更する方法

「marker」で指定すればよい。 次のページを参考に、plotの「marker」を変更する。 https://matplotlib.org/stable/api/markers_api.html 例 …

no image

python3 で、リストを pop したものの返り値

リストを pop すると、 pop された値が返される。 例 plant_1 = [’pumpkin’, ‘ginger’, ‘potato’] plant_2 = [] print( …

no image

gnuplot で、グラフの形を正方形にする方法

set size square または、その省略形で set size sq というコマンドを使えば正方形の中にグラフを描くことができる。 例 set size square plot cos(x) …

no image

python3 で集合(set)の和集合を作る

集合にモノを付け足して和集合を作るには、|= 演算子を使う。(python では、集合(set)を波かっこで囲んで表す。) 例 a = {‘東京’} b = {‘大阪’,’千葉’} c = a | b …