gnuplot tex

gnuplot でラベルにギリシャ文字を入力する方法

投稿日:2020年12月14日 更新日:

ギリシャ文字は、α・β・ζ・σ・・・などの文字のことである。

gnuplot では、例えば、アルファ(α)を入力したい場合には、{/Symbol a} と入力する。

set xlabel "{/Symbol a}{/Symbol q}"
set ylabel "{/Symbol Q}"
plot x**2-5*x+1 title "{/Symbol Q}"

結果

ギリシャ文字 小文字

アルファ α:{/Symbol a}
ベータ β:{/Symbol b}
カイ χ:{/Symbol c}
デルタ δ:{/Symbol d}
イプシロン ε:{/Symbol e}
串刺しのファイ φ:{/Symbol f}
ガンマ γ:{/Symbol g}
イータ η:{/Symbol h}
イオタ ι:{/Symbol i}
丸いファイ ϕ:{/Symbol j}
カッパ κ:{/Symbol k}
ラムダ λ:{/Symbol l}
ミュー μ:{/Symbol m}
ニュー ν:{/Symbol n}
オミクロン ο:{/Symbol o}
パイ π:{/Symbol p}
シータ θ:{/Symbol q}
変形シータ ϑ:{/Symbol J}
ロー ρ:{/Symbol r}
シグマ σ:{/Symbol s}
語末シグマ ς :{/Symbol V}
タウ τ:{/Symbol t}
ウプシロン υ:{/Symbol u}
変形パイ(variant pi) ϖ:{/Symbol v}
オメガ ω:{/Symbol w}
グザイ ξ:{/Symbol x}
プサイ ψ:{/Symbol y}
ゼータ ζ:{/Symbol z}

ギリシャ文字 大文字

デルタ Δ:{/Symbol D}
ファイ Φ:{/Symbol F}
ガンマ Γ:{/Symbol G}
ラムダ Λ:{/Symbol L}
パイ Π:{/Symbol P}
シータ Θ:{/Symbol Q}
シグマ Σ:{/Symbol S}
ウプシロン Υ:{/Symbol U}
オメガ Ω:{/Symbol W}
グザイ Ξ:{/Symbol X}
プサイ Ψ:{/Symbol Y}

参考

gnuplot でのギリシャ文字など特殊文字の入力方法については、「gnuplot ps_guide.pdf 」等で検索すれば、より詳しい説明が見つかる。

コインチェック

-gnuplot, tex
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

tex で、理由や根拠を示す(なぜならば)を入力する

tex で「なぜならば」記号(∵)を入力するには、数式モードで $\because$ と書く。ams のパッケージを使う。 例 \usepackage{amsmath}\usepackage{amss …

no image

tex で入力した文字をそのまま表示する

tex で、入力された文字を「そのまま表示」するにはtex ソースの最初に\usepackage{verbatim}と書いておいてから、\verb| | コマンドを使う。 例 \usepackage{ …

no image

tex で二重線イコール付きの不等号を表示する方法

tex では、等号付きの不等号は $\le$, $\ge$ で入力できるが、不等号の下の等号を許す表示は一本線である。 もし二重線のイコール付きの不等号を表示したい場合には、\amssymb パッケー …

no image

tex で米印(アスタリスク)を入力する方法

アスタリスクは、「*」記号で入力できる。tex の数式モードと、数式モードの外で書き方が異なるので注意。 例 数式モードの中:math mode $x^{*} A* B^{**}$数式モードの外:te …

no image

tex で絶対値記号やノルムの縦棒を長くする方法

ノルムの絶対値記号を単純に入力しただけでは短くて困ることがあるので、長くしたいときがある。 \amsmath パッケージで、 \lVert や \rVert, \lvert や \rvert&nbsp …