未分類

c++ で文字列を「区切り文字」を使って分ける方法

投稿日:

string の find を使って、区切り文字の場所を取得し、その位置で区切る。

#include <iostream>
#include <string>

using namespace std;
int main ()
{
string str1 = "Good.morning";

string kugiri_moji = "."; // 区切り文字
string sub1 = str1.substr(0, str1.find(kugiri_moji));
string sub2 = str1.substr(str1.find(kugiri_moji)+1, str1.size());

cout << "part1 is " << sub1 << endl;
cout << "part2 is " << sub2 << endl;

return 0;
}

結果

part1 is Good
part2 is morning

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

tex 表の一部の列のみを中央揃えにする

中央揃えにしたい列を、c で指定すればよい。その他は l (左)または r (右)揃えに指定する 例 \begin{table} \begin{tabular}{ |r|c|r|} \hline Ta …

no image

tex で文字色を RGB で指定する

文字色を RGB で指定する。例では、\definecolor で、「samplecolor」という色を定義して使っている。 例 \usepackage{xcolor}\begin{document} …

no image

c言語 ターミナル上で出力した文字列の表示を初期化する

エスケープシーケンス \033[2J と\033[u を使う。 例 #include <unistd.h> #include <stdio.h> int main() { in …

no image

tex で⇔記号の上に文字を表示する方法

\underset を使って表示することができる。amsmath パッケージを使う。 例 \usepackage{amsmath} \begin{document} $\underset{\Leftr …

no image

c++ で文字列を合成(連結)する方法

c言語では、sprintf 関数を使って文字列を合成(連結)することができる。いっぽう、c++ では、文字列を string で表して「+」演算子で文字列を合成することができる。 例 #include …