未分類

tex で⇔記号の上に文字を表示する方法

投稿日:

\underset を使って表示することができる。
amsmath パッケージを使う。

\usepackage{amsmath}
\begin{document}

$\underset{\Leftrightarrow}{{\rm def}}$
$\underset{\Longleftrightarrow}{{\rm def}}$

\end{document}

結果

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

python3 で文字列のリストを結合する方法

list に対して、extend を使う。 例 list1 = [1,2,3] list2 = [4,5,6] list1.extend(list2) print(list1) 結果 [1, 2, 3 …

no image

C言語でchar文字列の長さを取得する (strlen)

strlen 関数を使って取得すればよい。sizeof という関数もあるが、strlen と振る舞いが異なるので注意。 例 #include<stdio.h> #include<strin …

no image

tex で行内を結合する方法

\multicolumn を使って、結合する行の成分の数を指定することができる。次の例では「3」を指定して、結合している。 例 \begin{table} \begin{tabular}{ |c|c| …

no image

python3 で、指定した文字が最後に現れる場所を取得する

rfind を使うと、指定した文字が最後に現れる場所(インデックス)を取得することができる。 例 str1 = “12345abab” result = str1.rfind(“ab”) print( …

no image

tex で文字を上付きにした矢印を入力する方法

\overset を使う方法がある。 例 $\overset{\text{abc}}{\rightarrow}$ 結果